FC2ブログ

なんちゃって陰陽師の、徒然なるままに。。。

「陰陽」とは宇宙の根本原理であり、人のカラダにも当てはまるもの也。ココロとカラダの不調は「陰陽」バランスの崩れから来る事が多いもの。漢方的に、食事など普段の生活の中でできる養生等つらつらと書き連ねます。是非、お付き合い下さりマセ。

春の装い

「春」は、
「三寒四温」とはゆ~けれど、、、
一日一日の天候だけでなく、朝晩の気温差が 

寒ければ「寒邪」を入れちゃうし、
暑くて汗をかけば、
「邪気」を防いでいる「衛気」に穴が
 

で、
着たり、脱いだり、
巻いたり、羽織ったり、、、
こんな時こそ「着養生」 

「着養生」の基本は、
「陰気」が溜まる下半身は厚着
「陽気」が立ち昇る上半身は薄着 

・・・あったかブーツが壊れちゃったのよね 

ブーツに慣れちゃって、
フツーの革靴だと、マジで足元から冷えが 

春の装いに、
ブーツとカシミヤのストールをプラスしただけで、
初夏までイケるんちゃうかな。。。。。

もう、冬物一掃セールって終わっちゃったかしら

来季の為じゃなく、
今すぐ使う為のブーツが欲しい~。

とりあえず、修理に出してみよ。



スポンサーサイト



漢方理論 | コメント:0 | トラックバック:0 |

自粛明けの桜満開

ニュースによると、
東京は桜が満開になったそうな 

う~む、、、ウチの方はチラホラと 

昨日も書いたけど、
誰もが持っててあたり前の感情「七情」は、
強過ぎたり、長く続くと、
様々な不調を引き起こす「内因」
なるわけで 

昨日の松風庵主のオコトバ、
「腹の虫がおさまらぬが、修まらぬ心が我を害する」
って、
実際に強いストレスで胃潰瘍になったりするし 

で、
「五行」の「相剋」のチカラ関係を使えば、
「金剋木」
「五志」にすれば「悲剋怒」
「強い怒り」を「悲しいコト」で抑える方法もあるんだけど、、、

悲しい映画を観たり、曲を聞いたりするのもアリだけど、
漏らす関係を使って、
「木生火」「怒生喜」
愉しいコトをして、怒りを忘れちゃう方がイイよね~  

ってコトで、
自粛生活でイライラを募らせてたヒトも、
満開の桜を見上げれば笑顔もほころぶってものでしょ 

とはいえ、
元々の原因が無くならない限り「怒」ってどんどん生まれてくるモノで、、、、、
感染拡大させない様にちゃんと対策をしつつ、桜を楽しまないとね。

明日は晴れるかな?


漢方理論 | コメント:0 | トラックバック:0 |

風は吹けども、、、

朝から、ニャンズのケージを掃除して、燃えるゴミに出して~ 
な、充実してた昨日とは打って変わって、
ココロにもカラダにも、
まるで6Kg越えの白男が乗ってるかのような圧 

この頭痛といい、眩暈といい、、、
風は吹いておらねど、「風」の「邪気」に相違ない 

風だけでなく、
気圧の変化「風」と捉えるので、
急激な変化があると「風邪」となるのよね 
コレ、「外風」 
頭痛眩暈耳鳴りなど様々な不調を引き起こします 
ニャンズも今日は眠気に勝てず 

昨日、松風庵主が、

「風は吹けども家は動ぜず。
  基礎を築けば動ずることなし」


って、未年生まれサンに向けてたのだけど、
ココロとカラダに起因する
体内で吹き荒れる「内風」ってのもあって、 
「内風」が「外風」を呼ぶ
とゆ~か、
「内風」があるヒト程、「外風」の影響を受けやすい 
特に、
情緒的に不安を煽られるのよね 

で、
「基礎を築けば動ずることなし」って、
まさに、
「気」「血」ちゃんと補っとけよ 
ってコトで、、、、、
昨日のオコトバだけに、
ホント、いっつも松風庵主ってタイムリーだな、と 

ちなみに、今日は、
「人生を創造して幽玄なる世界に生きよ。小事にこだわるな」
だって。

今日も「気」「血」補って、どぉ~んと構えとこっと。


漢方理論 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「SMILE」とゆ~名の、悪魔の実。

・・・今日の「ONEPIECE」も、、、
悲しみに浸れないのに、切なくて涙が 

ナニ 
その人工悪魔の実。
つか、
オロチのえげつない使い方。。。

「喜制悲」 

悲しみを取り去る為に、
喜ぶコトをする
笑う
口角を上げる

確かに、
「七情」という、
感情のエネルギーが強過ぎたり長く続いて
不調を引起こす「邪気」になった時、
「相剋」する「情志」で抑制する方法があるんだけど、、、
この場合、
「SMILE」自体が「邪気」だ 

「喜則気緩」 

「喜」の感情が過剰になり過ぎた、
喜び過ぎると「気」が緩むとも違って。

・・・・・アカン 
オナカが痛いし、
ただでさえ「血虚」のトコロに「血」が流出してるもんで、思考能力が 
だから3日前から火傷痕の痛みが酷かったんだ。。。 

一旦、休止 
「血」補充せねば。。。。。


漢方理論 | コメント:0 | トラックバック:0 |

荒療治

8月17日「パイナップル」の日です。。。

4年前の今日、
台風第7号の影響で帰京が危ぶまれたものの、
無事、蒸し暑い東京駅に着き、寄り道をして、
ちょうど今時分に家に着いた。
で、
母たちにメールをし、ブログを書いて、シャワーを浴び、、、
まさか、
新盆の祖母を送った翌日に、業火の炎に包まれようとは 

お陰サマで、
先日、皮膚科医のセンパイもしみじみ言ってましたが、
キセキの回復中 
「パイナップル」も食べられるもんね~ 

「パイナップル」は、
「微寒」「甘・微酸」「胃・膀胱」「清熱通便・健脾和胃・消食止瀉・消腫祛湿・清熱解暑」、
排便を促進する「瀉下類」 

「瀉下」は、
「邪気」を取り除く
治療原則の中では攻めの方法 
「祛邪」と言って、
「邪気」を入れない様にココロとカラダを整える「調和」や、
「邪気」に負けない様に「気」を補う「扶正」に比べ、
「気」「血」「水」を消耗する荒療治 

・・・・・荒療治が必要だったんだろうなぁ、、、、、あの時 

ホゲホゲ生きてるから、時々ガツンとやられるけど、
だんだん大事になっていく 
次はホントに召されちゃうかもだから、ちゃんと生きねば。

改めまして、
イロイロご心配をおかけいたしました。
ごめんなさい。

そして、
医療関係者始め沢山の方たちに、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。 
新型コロナ禍でタイヘンだと思いますが、
どうぞご自身のココロとカラダも労わって下さいね。
本当に、ありがとうございました。



漢方理論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>