FC2ブログ

なんちゃって陰陽師の、徒然なるままに。。。

「陰陽」とは宇宙の根本原理であり、人のカラダにも当てはまるもの也。ココロとカラダの不調は「陰陽」バランスの崩れから来る事が多いもの。漢方的に、食事など普段の生活の中でできる養生等つらつらと書き連ねます。是非、お付き合い下さりマセ。

クールダウン中也。

・・・あっつい 

夕べ夢見が悪くて、よく眠れなかったからダルイし、
汗かいて火傷痕が痛みだしたし、
喉が渇いて空咳が出だしたから、
メダカ水槽のお掃除は3つで終了~ 

常温の、水出し緑茶飲みながら、クールダウン 

さて、
「皮膚炎」「咳」五臓「肺」のトラブル 

五臓「肺」「五行」「金」で、
「夏」「五行」「火」 

「火」「金」を剋すので、
熱くなってドロドロに溶ける金属の如く、
暑い「夏」には、
呼吸器皮膚炎症系のトラブルを起こしやすい
 

そして、
「汗」「夏」の五臓「心」「五液」 

「血汗同源」とも言われていて、
「汗」をかき過ぎると「血虚」に 

で、
「血」が虚す不眠多夢などの症状
が。。。

・・・・・「汗」で失ったモノを補うには、
利尿作用のある「緑茶」じゃない方がイイんだけど、
とりあえず「清熱」してるのだ。
勿論、ただの「水」でもアカンので、
この後、卵かけゴハンでイロイロ補うつもり。

暑いと精神的にもきちゃうからねぇ。。。。。

先ずはクールダウンして、ユルユルと参るのだ 



スポンサーサイト



夏の養生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

乾かない洗濯物

久々の快晴
でも、つかの間のようですし、湿度も高い
あと3時間で、洗濯物、乾いてくれないかなぁ。。。

洗濯物の心配も切実ですけど、
全国的に多発している熱中症も深刻な問題。

洗濯物を干しながら、思ったんですけどね、
気温は高いのに、湿度が多いと乾かない洗濯物。
気温が高く、湿度も高いので、
汗がかき難く、かいた汗も乾きにくく、熱中症に。
根本は一緒だなぁ~、と。
今更なんですけど

「暑邪」の特徴は、
「炎熱」「上昇」「発散」なんですけど、
「湿邪」が持つ「重濁性」「粘滞性」が、
その「発散」を阻害して、邪気倍増になるのかしら。。。。。
・・・まさに、熱中症が起きるメカニズムそのモノだ

つまり、
発散して、熱を奪ってもらわなきゃいけないし、
失った分の水分補給も大事ですけど、
まずは、
上手く汗をかけるかどうかが熱中症のカギってコトですよね

あとは、
毛穴を開きっぱなしにして、他の「邪気」を入れないコト

・・・電車や建物と外の温度差も、深刻な問題だ。。。。。



夏の養生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏、始めました。

今日は、夏日になるらしいですよ
「夏」の養生、ぼちぼちなんて言ってられませんね

「夏」は、
その暑さで汗が出て
「気」が失われて、「血」も足りなくなります
そう、
「気血水」全てが消耗します

じゃあ、
クーラーをつければいいのかってゆ~と、
「気」は体温調節でも使われるので、
効き過ぎた冷房の中に長時間居れば、「気」を消耗します
そして、
「気」が消耗すると
「汗」が益々止まらなくなったり
「血」がどんどん減っていくという負のスパイラルに

水分を摂れば「水」を補えるという単純な話でもナシ。
ヘタに、冷たい飲みモノをがぶ飲みしたりすれば、
「脾」が弱って
益々「気血」が造られず、「水」も巡らなくなる、という。。。

じゃあ、どうしろってゆ~んだ って?

・・・まぁ、「夏」の養生は多々あれど、
兎にも角にも、室内外の温度差を大きくしない
冷房は25℃以上に設定
直接風に当たらない

暑くて、汗ダラダラも問題ですけど、
設定温度の下げ過ぎは、ECO以前の問題ですよ

次の季節「秋」を見据えた「夏」の養生生活、始めましょ


夏の養生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2013 夏の養生

昨日の強風がウソの様な、穏やかな天気です
でも、
飛ばされてきたモッコウバラの花殻の山と、謎のプラゴミが、
昨日の風の強さを物語っておりますですよ

昨日の風は強いばかりではなく、冷たい北風
そして、今朝は、
その風も止む為に冷たい空気が地面に溜まりの心配がされていました。
暦上とはいえ、「立夏」を迎え、「夏」
どんどん枝葉を伸ばし花を咲かせるこの時期に、
や、北風は大打撃
今日は午後から、南からの風になるので、
気温がそんなに下がる心配はないそうです

「夏」の風「南風」
暑くて、
植物に実を生らせ熟させるチカラがあります

「秋」の稔りは、夏次第とも言えるわけで。。。

それは、
私達人間にも言えるコト。
「夏」の養生が、「秋」のココロとカラダを作ります
北三陸の海とナツばっぱが、海女のアキちゃんを育てます
喘息リウマチなど「陽」の不足で起きる病気の治療に適した季節でもあります。

そして、
「春」に上手く養生できなかった人には、ちょっと厳しい季節。
他の人よりも、養生にチカラを入れないと

と、いうコトで、
まだまだ「夏」っぽくはないけれども、
ぼちぼち「夏」の養生を始めましょう~



夏の養生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2012 夏の養生⑨

ううぅ~、電車の中、激寒だった
明らかに、去年に比べて設定温度低すぎやしませんか?
節電云々だけじゃなく、この外気温との差をどうにかして欲しい
汗が冷えるし、
寒いのに汗がひかないんですよね。。。
開いた毛穴に冷たい風が吹きつけて痛いの何の
頭の上から吹きつける冷たい風、マジ勘弁して欲しい

昨日、「心気」について触れましたけど、
「心気」は、
「血」がスムーズに血管の中を通り、
全身に行き渡り、カラダを養栄し潤す
ようにしています

そのチカラが低下すると、
血液循環が鈍くなり、
心悸・胸苦しさ、息切れ、不眠などの症状が表れます

そして、
汗をコントロールするチカラも落ち、「自汗」をかいたりします

「自汗」とは、
起きている時に、気温とは関係なくかく汗のコト
吹き出すように出る汗ではなく、
暑い時にかいた汗がひかず、涼しい所に入ってもジワジワと出続けます。。。。。
汗を止めるチカラもないんです

これらの症状は、全て、
「心気」が虚することで起きているので、
疲労感を伴い、動くと悪化するのが特徴です

で、
「心気」が虚しているのに、汗でもっと「気」を消耗するので、
益々「心気虚」の症状は酷くなっていくんですよね。。。。。

汗の種類、汗のかき方もイロイロ。
健康的に、爽やか~な汗をかきたいモンです

いずれにせよ、
汗をかいたら「気血水」の補充をお忘れなく
ただの水じゃダメですよ
利尿効果のあるお茶やビールでもダメですよ~


夏の養生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>