FC2ブログ

なんちゃって陰陽師の、徒然なるままに。。。

「陰陽」とは宇宙の根本原理であり、人のカラダにも当てはまるもの也。ココロとカラダの不調は「陰陽」バランスの崩れから来る事が多いもの。漢方的に、食事など普段の生活の中でできる養生等つらつらと書き連ねます。是非、お付き合い下さりマセ。

陰陽師

昨日、「陰陽師」の番組を見ていて、
帝の頭痛の原因を、前世の頭蓋骨に問題が っていうのを、
雨の日に酷くなる頭痛『水滞』じゃないのか!?」ってツッコミをツイートした途端、
「技術的な問題が起きています。只今解決中です」なんて、
今まで見たことも無い案内と共に、フリーズ
清明サマに式神でも飛ばされたかと焦りました。。。

昔は、
病気も厄難も、全て「疫病神」とか「鬼」のせいだと考えられてきました
それこそ科学の発達した現代においては胡散臭い話のようですが、
中医学的に考えれば、「鬼門」「邪鬼」 「邪気」、、、あまり違和感はないんですよね
「陰陽道」って、現代にも通じる高度な「数学」だと感じてました。
きっちり、かっちり、理屈があって、計算され尽くしている。
だから、頭蓋骨の話が出てきた時には「ええっ 」って、
呟かずにいられないほどビックリしたんですけど。。。
もっとビックリすることが起きたわけで。。。。。

「陰陽師」は占いにも秀でていましたが、
「易」という字は「日」「月」から構成され、
「太陽」「月」で日を読み、「陰」陽」の理に遵っていたから。
病を治したのも、
宇宙の法則を知り、
人も宇宙の一部、小宇宙であるコトを知っているからこそ、
為すべき方法もわかったんでしょう。
・・・頭蓋骨かぁ。。。。。 ← 未だ納得できず

今、漢方がまた俄かに話題になっていますけど、
巷の医師が語る「病名漢方」じゃなく、
「陰陽道」の方がより正道を行ってる様な気がします。
あ。言っちゃった

何事も、大事なのは「陰」「陽」のバランス
「陰」「陽」のバランスと、「五臓」の状態を見極められれば、
漢方薬だけじゃなく、食べモノも、生活も、
必要なモノ、避けたいモノがわかってきます

占いやおまじないだけじゃなく、
理屈を知って、日々の養生に活かせてもらえたらいいな~
と、思う、なんちゃって陰陽師でございました



スポンサーサイト



陰陽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>