FC2ブログ

なんちゃって陰陽師の、徒然なるままに。。。

「陰陽」とは宇宙の根本原理であり、人のカラダにも当てはまるもの也。ココロとカラダの不調は「陰陽」バランスの崩れから来る事が多いもの。漢方的に、食事など普段の生活の中でできる養生等つらつらと書き連ねます。是非、お付き合い下さりマセ。

2012 夏越しの大祓

昨日の続き。

昔は、1年を2季と考え、
新しい季節に入る前、6月と12月の晦日に罪や穢れを祓いました。
それが、12月は廃れ、
というか、年越しとゴッチャに!?
6月晦日の大祓えが、
夏と秋の季節変わりに行う「夏越の祓」と一緒になったんだとか

moblog_9a11db56.jpg

昨日も書いたように、
「夏越の祓」では「茅の輪くぐり」が一般的ですけど、
鳥越神社では、「ガマの穂」で作った輪をくぐるらしいですね

「古事記」の「因幡の白兎」で、
ワニに皮を剥がれた白ウサギが怪我を癒した話 は有名ですけど、
「ガマの穂」というか、花粉を乾燥させたもの「蒲黄~ほおう~といって、
フラボノイド・リノレイン酸がたっぷり含まれ、
擦り傷・切り傷・痔・火傷には直塗り、
止血には煎じたものを飲み、
尿道炎には温かい酒で飲むの民間療法に使われてきました

皮を剥がれた白ウサギが「ガマの穂」に包まれていたのは大正解
というか、
ソレを教えてあげた大国主命サマが、
国造りの神様としてだけではなく、医療の神様として崇め奉られているのも納得というもの

・・・ちゃんと拝んでおかないとな。。。

本日快晴。
教室に行く前に大國魂神社に寄って行こ~



スポンサーサイト



民間生薬 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>