FC2ブログ

なんちゃって陰陽師の、徒然なるままに。。。

「陰陽」とは宇宙の根本原理であり、人のカラダにも当てはまるもの也。ココロとカラダの不調は「陰陽」バランスの崩れから来る事が多いもの。漢方的に、食事など普段の生活の中でできる養生等つらつらと書き連ねます。是非、お付き合い下さりマセ。

2014 夏越の祓

晴れました~。
朝から慌ただしくお洗濯。
今日は「夏越の祓」  
2014年も折り返しです。

昨日、
長靴を履いてきてくれた雨オンナのお蔭か(笑)、
無事、明治神宮を参拝し、渋谷の台湾茶房に移動。
時間は許せど、渋谷マークシティーの窓越しに見た空模様に不安を覚え、帰途に。
途中、下北沢を過ぎ、明大前で乗り換える頃、真っ暗な空に雷が光る 
府中に着くと、空は明るいのに雨 
もう、今更ジタバタしても仕方ないと、大國魂神社に寄って参拝と禊を。
気が付くと、雨が止み、濡れることなく自転車で帰って来られました 
帰宅してから、ニュースで、
原宿や渋谷が水没し、京王井の頭線が冠水したことを知ったんですけど、、、
明治神宮と大國魂神社パワー、その日のうちに使い切っちゃったかしら 

さて、傘を差しながら今年も、
「茅の輪」を左回り、右回り、左回り、の、定番のくぐり方をしてから参拝 
人形もおさめてきました 
厄落とし、厄落とし。
そして、帰り、
拝殿を背に、左回りに2回、右回りに1回、の、「洛書」回りをするという新たな試みを 
・・・それでもちゃんと厄除けの結界は張られたかしらン?

「蘇民将来」の話にもあるように、
古くから魔除けのチカラがあると云われる「チガヤ」
その根茎を日干ししたモノが、毎年書いている「茅根」ですが、
も、「白茅花 ~びゃくぼうか~という生薬。
「平」「甘」「心・肺・胃」「涼血止血・清肺胃熱」、
「心」「肺」「胃」の熱をとり
熱性の出血を止める「理血類」 
イネ科の「茅」の花、、、花粉はアレルゲン。。。。。 
使う勇気がない 

・・・きっつい半年だったなぁ。。。。。。。

しみじみ。

厄落ちて、転じてくれますように。



スポンサーサイト



生薬 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>