FC2ブログ

なんちゃって陰陽師の、徒然なるままに。。。

「陰陽」とは宇宙の根本原理であり、人のカラダにも当てはまるもの也。ココロとカラダの不調は「陰陽」バランスの崩れから来る事が多いもの。漢方的に、食事など普段の生活の中でできる養生等つらつらと書き連ねます。是非、お付き合い下さりマセ。

因幡の白兎

・・・入院してました。

17日の夜から。
花巻から戻って来て、一度も座るコトもないまま。。。
三次救命の一日10万近くするベッドに14日間。。。。。

理由は、
全身の29%、ほぼ2度の熱傷。
原因は、、、
まぁ、、、、、そのうち、書くコトもあるかなぁ。。。。。。。

イロイロ思うコトもあったので、書いとこうと思って。
人差し指でポチポチ。

皮がズル剥けて真っ赤な自分のカラダを見て、
「『因幡の白兎』だぁ。。。
大國魂神社の大国主命にお詣りに行かないと」って思ったのよね 

「古事記」で、
毛皮を剥がれ、痛みに泣いていた白兎に、
大国主命は「ガマの穂」に身を包むように言うのですが、
「ガマの穂」の花粉を乾燥させたモノが、
「蒲黄」という、
擦り傷切り傷火傷に使われる民間生薬なのです 
どうも、
フラボノイドリノレイン酸がたっぷり含まれているらしい。
煎じて飲めば止血に 
温かい酒で飲むと尿道炎に 

処置の際の、余りの痛みに、
ガマの穂~  」と思ったのだけれど、
今考えれば、
「因幡の白兎」は鮫に皮を剥がされたんだよね 

火傷は、
「カチカチ山の狸」だ。。。。。
一応「穂黄」は火傷にも効くと言われてるけどね。

そして、
「カチカチ山の狸」は死んだんだっけ。。。。。。。。。

・・・・・生きてて、良かった 


スポンサーサイト



民間生薬 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>