FC2ブログ

なんちゃって陰陽師の、徒然なるままに。。。

「陰陽」とは宇宙の根本原理であり、人のカラダにも当てはまるもの也。ココロとカラダの不調は「陰陽」バランスの崩れから来る事が多いもの。漢方的に、食事など普段の生活の中でできる養生等つらつらと書き連ねます。是非、お付き合い下さりマセ。

私の「いい服」

昨日より風はないけれど、
昨日より、寒い。。。。。

夕べは結局、、湯豆腐で「いい肉の日」を 
私には「畑の肉」が丁度いっかなぁ~と。

で、
昨日は「いい服の日」でもありました。

養生には、
「食養生」だけでなく「着養生」というものがありまして、
その季節季節にあった格好をしなさいってコトなんですけど、、、
「食養生」同様、
その人の、その時の状態に合わせるのなら、
この寒い中、タンクトップ一枚ってのも、ありなのかもしれない。。。。。

「天人合一」とか「天人相応」の考え方だと、
「寒」い「冬」は、
カラダを温める食べモノを摂り、暖かい恰好をする
べきなれど、
「熱が篭ってる人」には、逆効果なわけで。
そうゆ~人が、
「熱」を無くそうと、無意識に薄着をしたり、冷たいモノを食べたりするわけで。。。
コレも、
「着養生」っちゃ、「着養生」なんだろうなぁ。。。。。

・・・寒いのよね 
私だって、季節相応に、ヌクヌク厚着をしたいの。
なのに、
再生中の皮膚が擦れて痛い、塗り薬が全部服にとられるワ。。。。。 
寒さに耐えても、タンクトップでいようか悩んじゃう 

ちなみに、
私の入院を知った知人が、驚きながらも、
「でも、カノジョ、綿100%しか着ないから大丈夫  」って言ったらしい 
・・・まぁね。
全身を炎で包まれたから、
化繊だったら、ほぼ全身がⅢ度の熱傷で、たぶん死んでたろうなぁ。。。。。

「冬」は火事が増える時期 
料理の時に袖口に火がついたり燃えた時に肌に張り付いたりと、
化繊の服って、すごくキケン 

冬の定番(?)ウール100%も燃えにくいけど、
硬くて、皮膚が擦れるのよね。

・・・綿100%の服ってのも、
私にとっては、季節を問わず、「着養生」なのかもなぁ。。。。。。。。。


スポンサーサイト



漢方理論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>