FC2ブログ

なんちゃって陰陽師の、徒然なるままに。。。

「陰陽」とは宇宙の根本原理であり、人のカラダにも当てはまるもの也。ココロとカラダの不調は「陰陽」バランスの崩れから来る事が多いもの。漢方的に、食事など普段の生活の中でできる養生等つらつらと書き連ねます。是非、お付き合い下さりマセ。

雨の三の酉

今日は「辛酉」の日、「三の酉」 
今年最後の「酉の市」 

moblog_686c1881.jpg

生憎の雨だし、
まだ月のモノが来そうで来なくておにゃかが痛いけど、
大國魂神社に勧請されている大鳥神社に詣でて、
去年の熊手をお返しし、新しい熊手をいただいて来ました 

「酉」は、「金」の「陰」
五臓でいうと「腎」 
時刻なら17~19時
カラダの成長発育生殖能力を促進する
「腎精」を蔵す時間 

昨日書いた「ホルモン」は、
捨てられていた内臓「放るもん」 
「女性ホルモン」の「ホルモン」は、
中医学的に言えば「天癸」
五臓「腎」に関わるモノ   

「腎精」が充実し、
14歳「天癸」が分泌されはじめ月経が始まり
49歳「天癸」の分泌が絶え閉経

女性は7の倍数、男性は8の倍数」って、
CMでもやってますよね。

「腎」は加齢と共に虚していくから、
ある年齢まで行くと、どうしても、
女も男も、
トイレ問題だけでなく、
更年期障害とか諸々「ホルモン」に関わる不調も出てくる 

でね、、、
レバーハツって、「腎精」を補うのよね。。。。。

つまり、
「ホルモン」が「ホルモン」を補う 

・・・・・豚のスペアリブ買ってる場合じゃなかったな 

さて、と。
「三の酉」まである年は火事が多いって言われてます 
私が言うのもなんですが、
火には十分ご注意下さいマセ 


スポンサーサイト



| コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>